日本語教育能力検定とは

日本語教育能力検定は、日本語教師として教えるのにその水準に達しているかどうかを測るための検定のことです。


昭和61年から日本語教育能力は、開始されましたが国家試験ではなく検定が行われるのは一年に一回だけで毎年10月の第3日曜日です。
日本語教育能力検定の合格率は、その年にもよりますが、だいたい20〜25%ぐらいです。


このように日本語教育能力検定は、日本語教師になるための試験ですが、マークシート方式などの筆記試験で行われます。

いまでは、日本語教師として活躍をしている人も多くいるもので、合格後にはあらゆる場所で活躍できます。

日本語教育能力の検定に関する疑問にお答えします。

受験資格の制限がないため、だれでも受験ができることですべての人にチャンスがあります。

日本語の全般的な知識が出題されるため、合格をするためには幅広い知識が必要になりますが、専門学校や通信教育の講座を受講することで効果的な勉強をすることができます。



合格率からみて、人によっては高いか低いかは意見が異なるものですが、合格のためのカリキュラムの講座や過去問題集などをきちんとこなしていくことで合格することができる試験です。日本語教師になる方法には、このほかにも養成講座を420時間受講する方法があります。



学生時代に国語が得意だった人にもおすすめですが、あらゆる分野に慣れることや独特の出題傾向があるため、過去問などを多くこなしたりして独特の出題傾向に慣れておくことも効率的な勉強方法です。