東京で日本語講師になるためには?

日本語講師は文字通り、外国人を対象に日本語を教える講師のことです。

最近は観光客だけでなく、日本で働く外国人も多くなりました。
文化に興味を持っている学生も多く、語学を学ぼうとする人は増加していると言えます。

東京の日本語講師の特別な情報を載せています。

特に大都市の東京には、たくさんの語学学校や大学を始めとする教育機関が集まっています。

特に資格が必要ないため、敷居が低いように感じられるかもしれません。

相手は全く異なる文化で育ち、日本語が分からない人も大勢います。


国籍も年齢も覚えるスピードも違うので、教える側はそれぞれの文化を理解することが必要です。


一般的な学校と共通しているのは、信頼関係が大きく影響する点でしょう。



日本語講師の求人は東京を含め、大都市を中心に多く出ています。

語学学校や大学など、求める経験はそれぞれです。

特に資格が必要ではないと言っても、求められることの多い条件があります。日本語教育を専攻して修了していること、日本語教育能力検定試験に合格していることなどです。
専攻していたことを条件にしている時は、主専攻のみ応募できるのか、副専攻でも大丈夫なのかを確認したほうが良いでしょう。


他にも要求されることが多い条件として、合計420時間の日本語教師養成講座の修了が挙げられます。


全ての条件と言うよりは、いずれかに当てはまる人を求めることが多いでしょう。

日本語に関する知識や、教えるので教育学の知識も自然と必要になってくる仕事です。最初のうちは難しいと思うことが多いかもしれませんが、日本語講師はやりがいのある仕事です。


東京で探している人は、条件を確認してみましょう。



日本語教育能力の検定を身に付けよう

日本語教育能力検定試験は、日本語教員や日本語教育に携わる人に必要な基礎知識や基礎能力を検定するために実施されるものです。主催は公益社団法人日本国際教育支援協会になります。...

more

日本語教育能力の検定の納得の情報

日本語教育能力検定は、日本語教師として教えるのにその水準に達しているかどうかを測るための検定のことです。昭和61年から日本語教育能力は、開始されましたが国家試験ではなく検定が行われるのは一年に一回だけで毎年10月の第3日曜日です。...

more

日本語教育能力の検定の常識

日本語教育能力検定試験とは、外国人に対して日本語を教える日本語教師としての十分な知識が身についているかについて、客観的な尺度から証明するための民間の資格試験のひとつです。日本語教師は国語教師などとは異なり、法律で定められた国家資格の制度はありませんので、極端な話をすれば資格がなかったとしても、誰でもその地位につくことが可能です。...

more

日本語教育能力の検定の最新情報

日本語教師として働こうとしている人なら、一度は日本語教育能力の名前を聞いたことがあるでしょう。実際に求められることも多く、検定は国内の7つの地域で年に1回だけ実施されています。...

more